支部長挨拶

日本消化器病学会東海支部会員の皆様、こんにちは。東海支部の支部長をさせていただいております名古屋大学消化器内科の後藤です。東海支部では、このたび、支部のホームページを開設致しましたので、ご挨拶させていただきます。

ホームページ開設の目的は、会員の皆様に消化器病学会本部・支部の情報をより早くより広くお伝えすることと、会員の皆様から広くご意見をお寄せいただき、当支部の活動を活性化することであります。また、消化器病学会では、市民への啓発活動を重視しており、市民公開講座など一般市民への広報活動に関しましても、本ホームページを有効に利用していただけると期待しております。勿論、消化器病学会本部とのリンク、関連学会等のホームページとのリンクなどにより、今後は皆様に利用しやすいネットワークを構築したいと考えております。

東海支部は愛知、岐阜、三重、静岡の4県からなり、多くの有能な消化器科医を輩出するとともにすばらしい業績をあげてきました消化器病学の伝統のある地域です。特に、消化管、肝臓、胆・膵と消化器のすべての臓器で活発に臨床や研究が行われております。現在は医師不足が大きな問題となっておりますが、この問題の解消に対しまして東海支部でも全力で取り組んでおります。

医学・医療に求められるニーズは最近変化しておりますが、その中でも特に消化器病学では医療機器の発達により大きく変化しております。その変化に応えるべく、消化器科医も変わっていく必要がありますし、消化器病学もそれに応じて発展させていく必要があります。そのためにも正しい情報を発信していくことが重要であり、その手段としてホームページは必要なものであります。会員の皆様にはこのホームページを積極的にご利用いただき支部運営等につきまして忌憚のないご意見をお寄せいただけますようお願い申し上げる次第です。

最後に、私自身東海支部の発展のために努力する所存でございますので,今後ともご指導をお願い申し上げます。

日本消化器病学会東海支部
 支部長 後藤秀実
(名古屋大学消化器内科)

ページトップ